楽天ETCカードはキャンペーンで作るのが常識でしょ

長期休暇を利用して車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?楽天ETCカードを利用している方は多いのではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月のETC利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンで係員とやりとりをして支払いするより短時間で通過できることや料金割引が適用されて一般レーンより安く済むという理由がありました。

料金割引に関して木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例にすると普通車料金が現金、クレカ支払いで3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカ次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法を利用することが多いですか?社用車でETC車載器を搭載していなかった場合など一般レーンを使う方もまだいますが約9割の方はETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETCを使うとどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、料金所をスムーズに通過できることです。

係員と直接現金などをやりとりする時間がなくなります。

もう一つの大きなメリットは料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例に挙げると割引前料金が一般レーンで約3000円のところ、ETC割引適用で800円と半額以下になります。

1、2年ほど前からカーシェアリングサービスなどでキャンピングカーをレンタルしての旅行が人気なようです。

キャンピングカーを借りるということはキャンプ場まで高速道路を利用することも多いと思います。

その際にETCカードを使おうと思う方多いと思いますがレンタカーでのETC利用は車載器がついていれば利用できますが旅行後に利用料金を確認しようとETC利用照会サービスを使おうと思ったら事前準備が必要になります。

利用照会サービスのHPでは本人確認を行うための事前登録として「楽天ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

引用元:楽天ETCカードのキャンペーンはお得?【入会で最大何ポイント?】

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

各レンタカー会社に確認しないとわからない項目もあるので注意してください。

1度登録したカードについては他の車両で利用するときの登録は不要になります。

ETCカードを利用して高速道路の出口を通過する際、何も問題が発生していなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でエラーが起きてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

ゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも開きません。

バーが開かなかった時のためにETCレーンでは減速しながら入っていくことになっています。

バーが開かない時は接触しないように停車しましょう。

その際、事故につながることがあるため停車後は落ち着いて行動しましょう。

バーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、係員に直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

皆さんはクレカの利用額はちゃんと管理していますか?カードが2、3枚ならいいですがそれ以上お持ちの方は管理が大変ですよね。

個人事業主でプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告用にどの領収書がどのカードに紐づくか利用履歴や明細を確認する必要があります。

これはETCカードでも同様のことが言えます。

クレカでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」という専用サイトで過去の利用証明書発行や利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならば事前にレンタカー会社へ車載器管理番号などを確認しなければ照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

車の免許を取って間もない方の中にはETCカードを持っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードも問題なく利用はできますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードを作った名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

たとえ家族だとしても名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは規約違反となりカードの利用ができなくなる可能性があります。

高速道路などを利用するときなどに割引が適用されたり一般レーンと比べてあまり渋滞の影響を受けずにスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を利用しない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?ネットで調べてみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

入れっぱなしの人の意見を見ると「高速に乗る段階になって挿入し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されても悪用されにくいから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードに変えようと思ったら認識エラーが頻繁に起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカー返却時にいつものくせで挿したまま引き渡してしまったといううっかりも報告されていました。

できればこまめに抜き差しするクセを習慣づけしましょう。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカードなど様々な支払い方法が選べます。

最近ETCカードを作ろうと思って検索したところカードによってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカードで支払いをした時のポイント付与が倍になるなどの特典がつくお得なカードもあるようです。

一例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンスをした時にポイントが2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなので仕事や通勤などでよく車を利用される方や高速道路を使う方はこのように給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに異なるので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

高速道路を使って遠出する際に料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少し不明な部分があります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周り車載器を設置する「一体式」とカードリーダー部分とアンテナ部分を別々に設置できる「別体式」の2種類があるようです。

一体式車載器のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが楽ですが、誤作動を防ぐためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため盗まれにくくなる反面、一体式に比べ価格が高くなりがちで配線も一体式に比べ多くなるデメリットがあります。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときに持っていると楽なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときにETCレーンが利用できれば比較的スムーズに進めます。

カードを作るにはクレカを作る必要があり、クレカをすでに所持している場合はそのまま追加申し込みをして問題ないですが新しくクレジットカードを作るときには入会審査が必要になります。

また、カード会社ごとにポイント還元率や年会費の有無など違いがあるので自分の利用状況に合うカードを探してみてください。