全国の看護師の平均年収は?高収入目指して転職もあり?

全国において、看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。
ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。
公務員看護師は給料のアップ率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。
数年ほど、看護師として働いているのですが、気付いたことは、看護師はどうやら喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。
煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、喫煙する看護時は減少の傾向にあるのですが、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。
そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。
そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。
一般に、看護師が転職に挑戦するときでも、一人だと待遇の交渉をすることは不可能なケースもありますが、看護師専門の求人サイトを利用すると待遇面での交渉も引き受けてくれて、有利な条件での転職が期待できます。
転職に必要な書類の書き方がよく分からない人には、採用に効果的な履歴書や職務経歴書の書き方のポイントを学べることも役に立ちます。
日本にいる看護師の年収は平均して437万円くらいです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に勤務する看護師は、公務員として在籍しているため、年収は平均593万円くらいになります。
公務員として働く看護師は給与の上がる率も民間病院より大きく、福利厚生も満足いくものになっています。
准看護師として勤務している場合は、看護師と比べて平均年収が70万円ほど低いです。

看護師の転職はいつが最適?ベストな時期は3年目?【転職のタイミング】